私的生活レシピ帳

日々の生活する中での、私のこだわりやgoodsの紹介、石鹸やナチュラル・クリーニングについて、 絵本の紹介、育児や食など生活全般について語る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロエ石鹸

アロエ石鹸


先日仕込んだアロエ石鹸です。
アロエ粉末を手に入れてあったので、
前田さんの本を見て、型入れ直前に大匙1を入れたんですが、
何か違うぞー!?
前田さんの本のアロエ石鹸は淡いグリーンなのに
何故にこの色!?
アロエ粉末によって、違うのかしら・・?
ネットで調べまくってみても、
グリーンになっている人と、
こんな風な色になっている人と居るみたいです。

ああ、淡いグリーンを想像していたのに、ショック!!
どうせ同じ効能なら、
石鹸の姿かたちもかわいいほうがいいですよね~。

鹸化していって、使える頃にはどうなっているか、
予想も付きません(笑)
スポンサーサイト

おばけのいちにち

おばけのいちにちおばけのいちにち 長新太

おばけのいちにちをたんたんと綴った絵本です。
買い物に行ったり(中身は内緒)
体操したり、
洗濯干したり(コレがまた面白い)
お友達が遊びに来たり、
本を読んでまったりしたり、
猫と喧嘩したりと、
私達の知らないオバケの一日を見せてくれますよ~(笑)

ほのぼの系の一冊です。
決してコワイおばけではありません(^^)



かさぶたくん

かさぶたくんかさぶたくん やぎゅう げんいちろう・さく 

これは以前ネットのお友達が紹介していて、
それからずーっと読みたかった本です。
とてもシンプルでかわいい人物のイラストに、
手書きの文章をとりまぜてあって、
すごくポップでコミカルで子供が読みやすい感じになっています。
登場人物の子供達が、かさぶたについて色んな想像をめぐらします。
かなり面白いですよ、その内容が(笑)
その中にうまーく、難しいはずのかさぶたの固まる仕組みや皮膚の仕組みなんかが書かれていて、
なーるほどと感心しきり。
小学生くらいの子供達には最適な絵本ですね~。
かわいいので、子供にというより、自分が持っていたくなっちゃう一冊でもあります(笑)

ぼく、だんごむし

ぼく、だんごむしぼく、だんごむし 得田之久・文 たかはしきよし・え

幼稚園で大人気の「だんごむし」の絵本です。
身近にいるのに、案外知らないことの多いこの虫。
だいたい、「虫」じゃないんです(笑)
とっても綺麗で可愛らしい絵で、とても分かりやすく、
彼らの生態をダンゴ虫自身が語ってくれます。

その中には知らなかった驚きがいっぱい!!
私もですが、おばあちゃんも読んでいてビックリ。
大人のほうが「へえー!そうなんだー!ええー!!」
新しい発見に、とにかく目からウロコの一冊です。

かいぶつかいぶつ

かいぶつかいぶつかいぶつかいぶつ メラニーウオッシュ

ただいま我が家で大人気の絵本です。
仕掛け絵本のようになっていて、
怪物をみんなで見つけよう!というものです。
これは怪物かな~?とシルエットになっている仕掛けをめくると
看護婦さんだったり、宇宙飛行士だったり(笑)
最後には怪物がちゃんと出てきますよ~。

そうすると、我が家の子供達は2人とも
「キャー!!!」といって逃げ回ります(笑)

大人数相手の、読み聞かせにも最適だと思います。
子供との対話形式なので、受けること間違いなし!

真夏のマルセイユ石鹸って!

少し前にマルセイユベースで石鹸をいくつか仕込みました。
熟成期間中に梅雨があったのに、
通常の熟成期間をあけて
すぐに使っちゃっているのがいけないのか、
それとも何が悪いのか、
お風呂ではとても使い物になりません。

一週間も持てばいいほう?
みるみるうちに水分を含み、溶け崩れていきます。
手でもてやしません。
四角いクリームの塊になってしまうのです。

色も乾燥させる前の濃い色に変色。
どくだみ石鹸(3)なんて酷いもんです。
濃い茶色に汚い斑点・・・キモイです、マジで!

結局少し使っただけで、乾燥中です。
しかし、これもまた中々乾かないのです・・とほほ。

それに比べてオリーブ石鹸は溶け崩れしませんねー。
ビックリです。

マルセイユ石鹸は冬のみ限定として、
違うオイル配合のもので夏用のものは作ろうと
決意したこの夏でした。

これって、私だけ?
ただ作り方が下手くそだけだったりして・・(--;)


布ナプとムスコ

Dscf3173blog.jpg


洗濯を干すときに、いつもお手伝いをしてくれるムスコ1歳10ヶ月。
片言の言葉で
「おとーさん、しゃーつ!」
「さやちゃん、はんかちー。」
「ぱんつー!ぱんつー!」
と、ひとつひとつ誰のなにかを言いながら手渡ししてくれます。

当然その中に、私の布ナプも入ってるわけですが(笑)
彼はちゃんと理解しているようで、

「おかーさんの!」と言いながら、
布ナプをかがんで股間に当てて見せてくれました(汗)


ハンカチは、ハンカチとちゃんと言うので、
ハンカチとは区別が付いているようです。凄い!!
教え込んだ憶えは一切ありません。

親ばかながら、股間に布ナプを当てる姿は超カワイイですよ!

しかし、この世の中に大人でも認知度の低い布ナプを
そこまで理解している一歳児、それも男児はそうはいないでしょう(笑)

どくだみ石鹸(2) オリーブベース

batch10


===材料===

オリーブオイル  458g
精製水       100g
ハーブエキス(*)  80g
苛性ソーダ      53g

(*)はちみつ入りの白ワインで
   どくだみの搾り粕を煮出して
   成分を抽出したものを使用しています。


====アロマオイル====
ゼラニウム     23滴
ラベンダー     23滴
はっか油      23滴

前回使ったどくだみの絞りかすを、ワインで煮出して成分を抽出して水分代わりに使いました。
やはりこれもオリーブ石鹸なので、
シャンプーに使用した時の髪の指どおりのよさは最高です。
プレーンのオリーブ石鹸を使ったことがないので、
どくだみ効果がどれほどかは不明です(笑)
香りははっか油が強かったのか、
かなりのスパイシーな感じになりました。
石鹸の固さはかなり固く、溶け崩れも少なくて快適です。
使っていると石鹸の色はほぼ白色。
なつかしのホームランバーのアイスのような感じです(笑)

やはり泡立ちは控えめですが、
石鹸自体がマルセイユ石鹸等に比べて小さいので、
表面積が小さいことも原因のひとつでは無いかと思っています。
表面積を同じにして、比べてみたいなあと密かに思っているところです。


石鹸シャンプーのヘアサロン

以前からずーっと、考えていた。
なにって、
これだけエコブームで、
環境を考えた製品が世の中に出回ってきたご時世なのに、
どうして合成界面活性剤を使わない美容室は無いのだろうと。

ちょっと、オシャレな感じでアピールすれば、
結構付加価値でお客は集まるのではないのか、
そんなことをずーっと考えていた。

ところが、やはり東京ですね~。
あったんです、そんな美容室が。
こういうスタイルが地方にもちらほら出てくるくらい
石鹸生活が広まるといいなあ~と思う今日この頃。

普段石鹸シャンプーをしていない人でも、
まずは手始めの体験するだけでも、意味があるのではないのでしょうか。

リンスもクエン酸や酢や色んなものから、
自分の好みのリンスを選ぶことが出来るらしい。
美容師というプロの目から見た、
石鹸シャンプーの効果やその人にあったスタイリングの仕方なんかを
アドバイスして上手に石鹸生活を進めていける場が
こうやって身近にあると楽しいですね。

遠くていけないのが残念!

ちなみにそのサロンのHPはココです。
なかなか面白いですよ~。

natural I.C.O hair

どくだみ石鹸(1) オリーブベース

batch9



===材料===

オリーブオイル  458g
精製水      180g

苛性ソーダ     53g

===Option====

どくだみ青汁    大匙1
どくだみ搾り粕   大匙1

====アロマオイル====

パチュリ     36滴
ラベンダー   18滴
レモン      18滴


一番効能を引き出せるという青汁を
型入れ直前に混ぜ込んだ石鹸です。
オイルはオリーブオイル100%で作ってみました。

オリーブ石鹸は実は初体験だったんですが、
ものすごーく、ものすごーく気に入ってしまいました。
心配していた溶け崩れも、
かえってマルセイユベースのほうが酷いぐらいで、
心配するほどではなかったようです。

いつもは石鹸に無頓着な旦那が、
あの石鹸、いいよ!使った後の保湿感が・・!なーんて
言い出すほど、この石鹸はヒットだったようです。
それに、シャンプーに使ったときのきしみ感のなさ!
ゆすいでいるときに既にリンス後かのような感じで
髪がからまずに流せます。
もちろん洗いあがりも柔らかく、ツルツルとした感じです。
シャンプーにはコレが一番かもと、思いました。
以前コメントでyumiさんがオリーブ石鹸でシャンプーしたら
今までに使ったどんなシャンプーよりも髪が健全になってきたと
書いて見えましたが、全くその通り!という感じです。


ただ、柑橘系のアロマオイルを使っているので
夜のみしか使えません。(光毒性があるらしいので)

コストもかからないし、
しばらくオリーブ石鹸をベースにした
石鹸作りにハマりそうな予感です(笑)

どくだみ石鹸(3) マルセイユベース

batch11


===材料===
オリーブオイル  458g
パームオイル    64g
ココナッツオイル 112g

精製水       250g
苛性ソーダ     83g

====Option====
どくだみ青汁    大匙1
どくだみ搾り粕   大匙1

====アロマオイル====
ローズマリー     31滴
レモングラス     31滴
はっか油       31滴


どくだみの効能(殺菌・消臭・保湿・美白)を一番引き出せるという青汁を
型入れ直前に混ぜ込んだ石鹸です。
絞りかすも同様に入れ込みました。

熟成途中まではとても綺麗なグリーンが出ていたのですが、
結局この色に落着いたようです。
多少粒粒の色合いが、気持ち悪く見えなくもないですが、
そんなことは気にならないほど、使い心地はいいんです!!

使用感はツルツルとした感触、仕上がりのしっとり感、
髪もふわふわと柔らかく、ツルツルとした指の感触は最高です。
こんなにも効果がでるとは、本当にビックリです。
ドクダミ石鹸、すごく良いので、
来年は絶対に沢山仕込みますよ~!!

この香りの組み合わせはとても合っていたようで、
どくだみの香りがかなり残っているにも関わらず、
とてもいい香りに仕上がっています(^^)
めずらしく、満足の仕上がりのドクダミ石鹸・マルセイユシリーズ!!
この調子だと、オリーブ100%で作った方も期待できそうですね~♪


どくだみ石鹸(4) マルセイユベース

batch12


===材料===
オリーブオイル  458g
パームオイル    64g
ココナッツオイル 112g

精製水        150g
ハーブエキス(*)  100g
苛性ソーダ       83g

(*)日本酒でどくだみの搾り粕を煮出して
   成分を抽出したものを使用しています。


====アロマオイル====
ラベンダー      39滴
ローズマリー     23滴
レモングラス     31滴


青汁を絞ったあとの絞りかすを
ハーブエキスに再利用して
どくだみ成分を入れ込んだ石鹸です。
Taoさん方式で、5分攪拌後にハーブエキスを加えてあります。

ドクダミは殺菌・消臭・保湿・美白などの効能があります。

今日初めて使った感想・・「イイ!!」
使い心地がいいんです!
ツルツルとした感触・・洗い上がりのしっとり感!!
こんなに使用感の違いを期待してなかっただけに、
ビックリです。保湿効果はかなり期待できそう・・。
洗い上がりの髪もしっとり、ツルツルですよ。
まあ、美白に関しては、かなり使い続けてみないと分からないですね(笑)
どくだみが良かったのか、日本酒が良かったのか、
どちらにしてもただのマルセイユと比較して
プラスαが確実にあるようですね(^^)

気になっていた匂いですが、
かすかにドクダミの香りが残っています(笑)
精油の香りも結構残っていますが、まじりあって案外いい香り?
とにかくドクダミが臭くてって感じではないですよ。

これはかなりのお気に入りになりました。
来年は大量に作ろうと心に決めました~。
あー、あげるのもったいなくなっちゃうなあ~(笑)
おばさんちゃんと使ってくれるかしら・・??