私的生活レシピ帳

日々の生活する中での、私のこだわりやgoodsの紹介、石鹸やナチュラル・クリーニングについて、 絵本の紹介、育児や食など生活全般について語る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chamomile & Chamomile

chamomile&chamomile


===材料===

オリーブオイル        180g
スイートアーモンドオイル   90g
椿油             72g
ひまし油           30g
パームオイル         60g
レッドパームオイル      60g
ココナッツオイル       108g

ハーブ抽出水   100g
(大匙2杯のカモミール(ドライ)を300gの熱湯にいれ
 蓋をして冷ましたもの)
精製水       130g
苛性ソーダ     77g


====Option====
カモミール      約15g
(ハーブウオーターの分&トッピンク用)

無香料

カモミールづくしの石鹸です。
飾りのカモミールは香りもほんのりするし、
とても可愛かったのですが、
水で濡れるたびにしだいに黒ずんで汚くなってきてしまい、
やっぱり飾りなしの方が使い勝手はいいのかなと反省。

この色は、私の大好きなオイル配合をベースに、
傷の修復作用の大きいレッドパームオイルを加えて色づけしてみました。
レッドパームオイルのカロチンの香りとカモミールのほのかな香りを
生かすためにあえて無香料で作ってあります。
ハーブ抽出水は攪拌5分程度で加えるというTaoさん推奨方式で
加えました。この方法は過剰に苛性ソーダが反応することがなくて
安心感があるし、成分も苛性ソーダにジュワーっとやられてしまわないような気がします。(あくまで気がするんですけど)

石鹸自体はとてもマイルドで香りも良くって、
すごくお気に入りです。
今度は飾りなしで作ります(^^;)

スポンサーサイト

手作り石鹸の使用量

この夏、旦那の実家に4泊5日で帰省してました。
もちろん、荷物にはお手製の石鹸が二つ。
一つは洗面所に置いて、手洗い用(ハンドソープも置いてないので)に。
もう一つは、浴用&私の洗顔用に。
家族4人(大人2人&子供2人のシャンプー&全身&私の洗顔)が使います。暑い日だったので、昼間にシャワーも浴びました。

そこで、明確に分かったこと。
夏だから減りが早いのもあったのでしょうが、
この4泊5日の使用で、牛乳パック一本を7分割した量の石鹸が、
快適に使用できる限度ギリギリにまで減ってしまったのです。

5日で一個!!

あらためて驚きでした。
そりゃ、作っても作っても減るわけだ・・!
自分で作るから全身使えるけれど、買っていたら、ちょっと考えてしまうペースですね。

普段は旦那の体だけは市販の石鹸を使ってくれているので
(シャンプーは手作り石鹸を使用)
もう少し減りは遅いのです。
コレを作る前に体を市販の石鹸で洗っていたときは
(もちろんシャンプーで使ってなかったですが)
一ヶ月一個ぐらいのペースでしたね、確か。

一個あたり、そんなにコストは掛らないのよ、
と前田京子さんの本には書いてありますが、
やはり全部をこれでまかなおうとすると
ちょっと贅沢な気もしますね(笑)

環境には、市販の石鹸を使った方が、
使用量が少なくて済む分、本当はいいんでしょうね・・・。
そんなことを考えてしまったのでした。

Ghassoul

Ghassoul


===材料===

オリーブオイル  458g
パームオイル    64g
ココナッツオイル 112g

精製水        250g
苛性ソーダ       83g


====Option====
ガスール      大匙1
ホホバオイル   大匙1

====アロマオイル====
ラベンダー      72滴
はっか油       48滴


クレイの定番、ガスールを使った夏用の石鹸です。
ガスールは単体で使っても、石鹸の代わりになるくらいの洗浄力と保湿力を持っています。
単体で使うと、あれ?ぬるぬるが落ちない??て思うくらい
肌がツルツルになりました。
石鹸はさすがにそこまでの効果は無いですが、
多少ツルっとした感触があって、気持ちよいです。
シャンプーに使っても、すべりも良くて結構気に入って使っていました。