私的生活レシピ帳

日々の生活する中での、私のこだわりやgoodsの紹介、石鹸やナチュラル・クリーニングについて、 絵本の紹介、育児や食など生活全般について語る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼろ布活用のススメ。

20050218193549.jpg


この小さなバスケットは、
我が家のキッチンのカウンターに常備してあるものです。
中身は、古着などのボロ布を小さくカットしたものと、
クエン酸を薄めたクエン酸水のボトルです。

このボロ布がとっても重宝するのです。
お皿や鍋の油汚れをこれでふき取ってから洗っています。
紙ではスッキリ拭き取れない汚れも
何故かボロ布だと、すっきり綺麗に拭き取れます。
そして、そうやって一手間かけた食器やお鍋は
驚くほどストレスなく、
スッキリと洗える上に、
石鹸の使用量も少なくて済むのです。
経済的だし、環境にもその方が優しいでしょ?

ところで、石鹸を使う際の注意事項に
必ず、お皿の汚れは拭き取ってから洗いましょうと
書いてあるところが多いのですが、
何故でしょう?

決して洗浄力では合成洗剤に劣らないはずの石鹸なのに、
これでは石鹸が油汚れに弱いと思われてしまいます。
石鹸はアルカリ性の油の塊です。
なので酸性や油のものなどを洗うと中和されて
洗浄力が落ちるのは確かです。
(特にマヨネーズは油と酸が入っているので天敵ですね)
でもそれは、普通の合成洗剤でも油物を洗ったら
洗浄力が落ちて、もう一度洗剤を
継ぎ足すのではないのでしょうか?
たとえ、直接石鹸で洗ったとしても
合成洗剤に洗浄力が劣るわけではないと思っています。

むしろ、中和されたことで石鹸を継ぎ足すという行為や、
油汚れをそのまま下水に流すという行為が、
石鹸を選択する人(環境を気にする人)にとって、
ヨロシクナイ行為だからでは無いかと解釈しています(笑)

「あなたは折角、合成洗剤ではなくて、
 石鹸を選択したのだから、ここはもう一手間掛けて
 美しい環境に貢献しましょうね!」


そういう気持ちが含まれているのだと。

ところで、このボロ布たち、
お掃除にも大活躍しています。
目に付いたら、ここから一枚とって
ささっとクエン酸水で拭いてあげればいいのです。
真っ黒になっても、さっと捨てられて
小さな隙間でも、大丈夫。
便利なことこの上ありませんよ。
子供達にも渡して、遊びの延長で
あちこちお掃除してもらったり。
なにより、雑巾を洗うあの不快感から開放されます(笑)

楽しく、美しく、そして楽チンに、
快適な住環境を作りましょう(^^)







ところで、
こんなボトル見つけました。
可愛くないですか~??
リビングや人の目に触れるところに置く
ボトルはこんなのを使いたいですね~。
クラウン スプレークラウン スプレー
スポンサーサイト

コメント

写真キレイ!

GIEさんちの写真ていつもステキに写ってますね!
センスいいです^^
こちらからもリンクさせて貼らせて頂きましたのでよろしくお願いします

  • 2005/02/19(土) 10:57:36 |
  • URL |
  • hisa #GCA3nAmE
  • [ 編集]

hisaさん、ありがとう(^^)

トラバさんきゅーです。
写真まで誉めてもらっちゃって、嬉しいです~。
やっぱりボロ布活用は必需ですよね。確かにカレーなんか、スポンジに色が付くのがものすごーくストレス!!
近頃ムスメが外食に行っても
お皿を拭こうとします(汗)
おまけに食べ終わったお皿を
重ねまくります(汗)
外でやられると、辛いものが・・。

  • 2005/02/19(土) 19:50:58 |
  • URL |
  • GIE(管理者) #K8Rmk27c
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gie.blog4.fc2.com/tb.php/19-a5baf461

食べた後は、○○!

焼き魚の油やカレーの残りをそのままスポンジで洗ってしまうと、スポンジが汚れたり、カレーの色がついたり(しかも落ちない!)といいことないですね(;_;)そこで着古した洋服などをチョキチョキ切って箱に入れておき、ご飯を食べた後の食器拭きに使いましょう♪名刺大・はがき

  • 2005/02/19(土) 10:43:59 |
  • 無添加ぶろぐ