私的生活レシピ帳

日々の生活する中での、私のこだわりやgoodsの紹介、石鹸やナチュラル・クリーニングについて、 絵本の紹介、育児や食など生活全般について語る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8バッチ バラのハーブウオーター(淡色)の石鹸

先日の疑問を解消すべく、
淡い色のローズウオーターでリベンジです(笑)

先日の淡い色で作ったローズウオーターですが、
作りたては先日の画像の通り、琥珀色でした。
が、今日冷蔵庫から出してみると、
こんなロゼ色になっていました。まあ、綺麗!
さあ、コレを使って作ってみましょう。
no8-1.jpg


苛性ソーダとあわせて見ると、
同じように深緑→赤→ほぼ黒(深いワイン色)に変化。
色が透明感があるのが違うのと、
ほぼ黒の色合いが、前回は茶色に近かったのですが
今回は透明感のあるワイン色っぽかったですね。

no8-2.jpg


それと、もう一つ気になっていた疑問点。
あの過剰な化学反応は
①ワインの中のはちみつ等の「糖」が反応したものか、
ハーブウオーターを作る際の加熱が足りずアルコールが抜けていないのが原因で、
 アルコールと反応した
のか、
という点でした。

この疑問は、②が原因だったようで、
今回は前回のような異常な化学反応は起きず、大丈夫だったからです。
これで安心して、このワインをまた使えます(^^)

そして、20分攪拌後の色はコレです。
前回とほとんど変わりませんね~。
気持ち、色は薄いようですが
バラのハーブウオーターの色が濃かろうが、薄かろうが、
あまり大きな差は出ないようですね。
まだ出来上がってないのでなんともいえませんが
この時点までの結果はそんなところですか。
でも前回のようなトレースは出ていません。
no8-3.jpg


そして20分攪拌後にトレースは出ていなかったものの、
今回も1時間半後にはすっかり型入れ時になっていました。早っ!
色はやっぱり微妙に前回より薄いですね。
no8-4.jpg


トレースが出るのが早い原因として、次の3つが考えられるらしいです。
偽トレースである。(寒い時期に固形の油を使用した場合等によく起こるらしい)
ひまし油を多く使うレシピは、トレースが早いという噂
アルコール分を含む精製水を使った場合、トレースが早くなる。

今回の場合、気温が低いと固まるココナッツオイルやパームオイルなども
半分溶けかかっているくらい室温は高く、
この偽トレースは当てはまらないと考えます。

②と③が本当なら、今回のトレースの出方が納得です。
特に、③は、前回アルコール分が抜けていなかったと思われるので、
今回よりトレースが出るのが早かったのもうなずけます。

本当に石鹸作りは、楽しいです。
色んなバリエーションがあるだけ、
色んな発見や失敗(涙)も多いのも魅力なのかも知れません。
失敗だけは、少なくしたいと思うのですが、
なんだか毎回スッキリと行かないのはなんででしょうか~・・。
(結構コレが凹むんだなあ・・)
簡単な様で、簡単でない、石鹸作りですが
立派なソーパー目指して頑張っていますよっ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gie.blog4.fc2.com/tb.php/65-ed3d86bb